ニートアイランド現象
ほとばしるいじめてオーラをエコロジー路線で活字にするための徒然。短めのを載せてみたりします。長いのは暖め中。

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
箱型の友人について(2)
あれから「赤い雑草」が恋しくて道端の雑草を踏めない生活をしていました。「赤い雑草」とは僕が生まれて初めて「小説を書くぞっ」と意気込んで書き初め、18ページで投げ出した話です。病院の美しい中庭で突如生まれた、人語を離す雑草と入院中の少女とおばあちゃんと杉山君の話です。
別段天才でもなんでもないただの人が書いたはじめの一歩だから、たいした価値があるわけではないけど、とても大切なものでした。なくなってから気づきました。きっと、友人や恋人や家族や、言葉にできないいとしい人が、五指も電波も届かない彼岸に行ってしまった時、こういう思いをするのだろうと少しだけ分かった気になりました。あるいはそのとき、は、今よりももっともっと鮮明な痛みと苦しみを背負うのだろうとも考えました。
この四日間、自分の部屋に入るたびに失うことが想起されて少しだけ耐えられなくなっていました。
カラオケに行ったり友人の部屋に止まったりすると忘れられるのですが、いざ自室に戻るとわずかなしこりがぷつぷつと痒くなってきて不安になるのでした。それは単なるPCたんのことを超えたもっと根本的な喪失への畏れにも似ていました。



そしてPCたん瀕死事故から四日目の今日、夜11時ころ。
電源のボタンを押すと、泣き声のようなファンの回転とともに、起動画面が表示されたではありませんか。ひゃっほいっ。
実に20分かけて、立ち上がってくれました。デスクトップもいつもの夜の森と月の風景画のままで(たいていは風景画か幼女のどちらか)
データーもまったくとんでいませんでした。僕はさっそく「文字塊」フォルダをコピーし、USBに移しました。「赤い雑草」とその他文章がUSBに無事サルベージされました。
ささくれが取れて皮が少しだけ再生したみたいに背伸びをしたとき、ああよかった、本当にと思いました。
あるいはPCたんは、僕の気持ちを電波で察知したのかもしれません。確かめるすべはないし、非科学的なことは信じないのだけど、偶然だって解釈はたくさんあるから、今はこれでいいのかも。


そしてごめんよ。あとお疲れ様。
修理に出したら、仙台には持って行かないで実家で少し休ませようとかおもってみたりしてます。まあ心変わりしたら夏に持っていけるだろうし。ブログの更新はどこででもできるしね。手塚治虫先生だって漫画は割り箸でも書けるっていってたし。漫画家じゃないけどね。
どちらにせよ、彼とはしばしのお別れってことになります。
ありがとうPCたん。



・・・余談ですが、文書を写した後、3年分ためたり消したりして残ったエロ画像1Gを、DVDに焼こうかって思ったんすよ。んで「じゃあ画像整理すっか」って、フォルダ整理してたら、PCたん、つるつるの泣き声あげてフリーズしたんですよ。そりゃもうぴったりって。
ほんとうに、文書だけサルベージするために最後の力絞ったのかもしんないな。





なんてね。





スポンサーサイト
copyright © 2005 ニートアイランド現象 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。