ニートアイランド現象
ほとばしるいじめてオーラをエコロジー路線で活字にするための徒然。短めのを載せてみたりします。長いのは暖め中。

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京日記(1)
 前略 普通の日記ですのでネタ性はないです。

(1)1月31日
 おとんに青森の駅まで送ってもらって、それから一人きりでなんか旅っぽい何かを好き勝手できるんだぁと(ケイサツ以外なら誰にも咎められない!)改めて実感してひゃっほいと駅構内を駆け回ったのですが、電車に乗ってからそういえば社会復帰のための試験を受けに行くんだということを思い出して慌てて試験の予想問題を広げました。
 一時間ほど電車に揺られて、八戸で新幹線に乗り換えて、座席に落ち着いたところで狼と香辛料を読み始めました。最後近くまで読んでいたのでラストまでは駆け抜ける勢いでした。それからは森博士さんの猫の建築家を読んだりまた試験問題をめくったり、四月に出す電撃の原稿用の話(一文字も考えていない)のあらすじを考えたりしながら三時間ほど新幹線に揺られました。
 猫の建築家には形についての機能とか内側と外側を隔てる動くものとして電車のイラストが出てきたりしましたが、哲学的でよくわかりませんでした。
 上野に降りて秋葉原で乗り換えて市比谷のホテルに向かうところで、ビル郡と人ごみの密になった迷路が肉眼に映る景色として見えて、やっと都会の真ん中に、一人きりで立ったんだっていう実感が沸きました。
 

 それからはホテルにチェックインして、あまりに静かなのに暇をしてさくらんぼキッスを口ずさんでみたり、近くの本屋に足を運んでロリコンフェニックスを買って絶望したり、一時間だけ勉強して前頭葉が重くなったり、試験会場まで足を運んで足がつりそうになったり、さまざまなことがありました。
 次の日の朝ごはんのバナナをスーパーに買いに行ったところりんごが一個300円とか理解できない値段で、とりあえずバナナをかってたべたり。カラオケが30分で1000円で値段の高さにキモチ悪くなったり。
 そんな感じで試験前日はふけていきましたとさ。

注)ロリコンフェニックスは二ートと変態が出てきてロリ分があまりないから、絶対、買っちゃ駄目ですよ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ニートアイランド現象 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。