ニートアイランド現象
ほとばしるいじめてオーラをエコロジー路線で活字にするための徒然。短めのを載せてみたりします。長いのは暖め中。

好きな言葉を入れてください

SEO対策にも使えます

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕のルナティックあるいは自己の保存計画(1)
エヴァのパクリってわけじゃないです(ホントダヨ)
いきなりですが、都会に出てきて、思ったんすよ。一人では個を確立できないって。あらゆる核心(あるいはその人の本質)を触れ合わせて比較して共鳴し合えるくらいじゃないと、精神としての個体を確立できないって。僕はいま都会に呑まれそうになっていて、固体としてあがいている。知り合いのいない土地で、ひとりで、まったく、どうやって自分を確認すればいいんだ。


だから早く来て、なりなり、ムナー、ハルカたん。なんて言って、毎日の寂しさを叫んでいるのです。
つか、無理。パソコンの無い、エロゲーの無い生活。だー


ところでまだ自己の保存には触れていないのですけど、tomeエディターのない生活を始めて(複数タブのひらけるメモ帳のこと)ルーズリーフにちまちま書くようになってから自分に対する死の意識というか、存在の消失への恐怖が過敏になった。
アイデンティティの破滅は、わかる人にはわかりますが、アレですよ。自分の積み上げてきたものをボーンってやられるアレ。
僕はあんまり愚痴ると引かれるって若い頃に学習したんで、今は敏感に反応してはいない、つもりなのですが、食らうと多大なダメージですよねアレ。


自分のアイデンティティをネタと定義して、メモ帳に残しておくことによって、複数バックアップ、半永久性がうまれ、アイデンティティ崩壊を回避できるってことをやってたって、メモ帳なしの生活に入って気づいたんです。
絶対に失わない。
久永の魂記。
永久の僕。
・・・西尾維新です。
ちなみにネタは小説然り、ブログ然り。


しかし、ここでルーナティックと思える点は、この自己の保存欲求が周囲の人にも及んでいて、僕は今までそれを無意識に実行していたってことだった。
無為式だった。



・・・・・維新面白いですよ。気が向いたら是非。



ってかこれ言ったら友達なくすかもしんね~って思うのは、ある臨界を越えても許して欲しいっていう我侭なのかもしんね~。


ああっ実家に帰ってニートして~。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ニートアイランド現象 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。